さすが、カワサキ!!EURO5規制も無事、突破!!人気ミドルバイク【Ninja650】【Z650】2022年モデルを発表!!

kawasaki関連

こんにちは、ごっとんです。

カワサキから【Ninja650】と【Z650】2022年モデルの発表がありました。

発売はどちらも2021年12月17日(金)の予定です。

Ninja650の公式ページはこちら。

Z650の公式ページはこちら。

排ガス規制を突破したってことはパワーダウンさせたってこと?

このバイク購入候補なんだけど、

新しいシステムのために値上がりしてたらちょっと戸惑うな。

こういった質問に答えていきます。

カワサキ【NINJA650】2022年モデルカラー

【パールロボティックホワイト×メタリックカーボングレー】白×グレーの珍しい組合せ。ぱっと見のイメージは白色の印象が強いがグレーが車体全体のイメージをうまくまとめています。ワンポイントのライムグリーンも凄く目立ちますね!

【ライムグリーン×エボニー】こちらはカワサキお馴染みのカラー。2022年モデルの新色ではなく2021年モデルカラーが継続して販売されます。はやり、Kawasakiのスポーツバイクにはこのライムグリーンは外せません!

新旧スペックは【ほぼ】変わりなし

カワサキ【NINJA650】2022年モデルはEURO5規制を突破しての販売ですがスペックには【ほぼ】変更はありません。

NINJA6502021年モデル2022年モデル
最高出力50kW(68PS)/8,000rpm
50kW(68PS)/8,000rpm
車両重量194㎏194㎏
使用燃料レギュラーレギュラー
燃費23.6㎞/L23.0㎞/L
価格(税込み)90万2000円91万3000円
ごっとん
ごっとん

唯一、変更点があるとすれば燃費がやや落ちていますが基本的なスペックはまったく変わらないので安心して乗れますね。価格も税込み価格で1万アップですがミドルクラスが新車100万円以下というのはかなり魅力です。

カワサキ【Z650】2022年モデルカラー

【パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー】長いカラー名からは白×グレーと表記されていますが見た目の印象としては白×赤という感じします。このフレームがカラーリングされているタイプのバイクはカッコ良いですよね。

新旧スペック変更点は【NINJA650】と同じ

スペック変更点は上記【NINJA650】と同じものとなっています。

つまり、

  • エンジン出力や車体スペックに変更なし
  • 燃費が23.6㎞/L→23㎞/Lにダウン
  • 価格が一万円アップ
ごっとん
ごっとん

【NINJA650】【Z650】ともに白を基調としたカラーリングが追加されました!!規制強化で販売終了が発表されるバイクもあるなか、車体も軽く非常に扱いやすく人気のある両車種なのでEURO5規制を突破しての販売は嬉しいですね。

ごっとん
ごっとん

Ninja系統はウィンカーがカウルに埋め込み型が多いので対応品を探している方はコレ!!この商品はカワサキの多くの車両に対応しておりおススメです。

ごっとん
ごっとん

ラジエーターは小石や虫の死骸で意外に汚れたり傷ついたりする箇所です。Ninja650、Z650両対応になっています。

ごっとん
ごっとん

サイドバッグ巻き込み防止用のサポートステーです。ブラック仕上げされているので車体のカラーリングに左右されず使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました