ついに5速化!新型エンジン搭載のHONDA【モンキー125】発表!!デザインも変化!?新型と旧型の違いを徹底解説!!

HONDA関連

こんにちは、ごっとんです。

HONDAから新型モンキー125が発表されました。

HONDAのモンキー125公式ページはこちら。

HONDAのモンキー125広報ページはこちら。

発売日は2021年9月27日となっています。

今度のモンキー125は新エンジンが載るんでしょ?っていう事はやっぱり、価格アップするのかな?125㏄のバイクも高くなっていくなぁ・・・・

元のモンキー125のデザインがかなり好きなんだよね。新型モンキー125のデザインはどうなんだろう?

この辺りを解説していきます。

新型モンキー125はデザインが変更!!イメージは変わらず3色発表!!

現在、発表されている新型モンキー125のカラーリングは3種類です。

パールネビュラレッド赤×白のツートンモンキー125の主要カラーであり、HONDAの主要カラーでもありますね。タンクについているバッジはレトロ調のHONDAデザインをしており、ワンポイントとしてもオシャレ。

【パールグリッターリングブルー】青×白のツートン。ボディカラーに合わせてフロントフォークやリアショックのカラーも統一されています。

パールシャイニングブラック】黒×グレーのツートン。タンクは他のカラーリングと異なりグレーとのツートンになっています。タンクのカラーが白色とのツートンより引き締まって見えますね。

あれっ?・・・・イエローが無い?

ごっとん
ごっとん

はい。今回の国内発表ではイエローのモンキー125は発表されませんでしたですが海外では新型モンキー125のイエローも発売されているようなので今後国内のラインナップにも並ぶでしょうね。

旧型モンキー125と一緒じゃない!?デザインの変更点はココ!!

【左】旧モンキー125【右】新モンキー125

大きく分けてデザインの変更点は3つ

  1. タンクカラーが反転
  2. フレームカラーがブラックに統一
  3. ホイールがブラックに統一

1.タンクカラーが反転

タンク下半分にあったホワイト部分が反転してタンク上部分に描かれています。

レッドカラーの場合、タンクにあるHONDAロゴが同じ赤で被るのでその辺りも配慮されたのかも?

【左】旧モンキー125 【右】新モンキー125

ブラックに関してはタンクの白色がグレーに変更されていますね。

フレームカラーがブラックに統一

特にレッドのリアタイヤ周りを見てもらえればわかりやすいですね。リアショックのカラーとフレームカラーが合わさってカラフルなイメージがあった旧型ですが、今回はブラックに統一されています。

ホイールがブラックに統一

こちらもフレームと同じように発表されている3種類のボディカラー全てのホイールが黒に統一されています。旧型はシルバーでした。

ごっとん
ごっとん

今回のカラーリングは黒が多く使われ、旧型より”ワイルド感”が増しています。

好みによりますが個人的には旧型の良い意味で”オモチャ感”のあったカラーリングも好きでした。

新旧スペックの違い

      新型モンキー125旧型モンキー125新旧比較
全長×全幅×全高(㎜)1710×755×1030 1710×755×1030 変化なし
シート高(㎜)7767751㎜新型が高い
車両重量(㎏)1041073㎏新型が軽い
乗車定員(名)11変化なし
燃費(㎞/L)7067.12.9㎞/L新型の燃費が良い
ごっとん
ごっとん

細かい変更はありますがサイズ感は新旧ともに変わりません。その上で燃費は良くなっていますね!!

次はエンジンスペックを比べてみましょう。

         新型モンキー125旧型モンキー125新旧比較
排気量(㏄)123124新型は123㏄
最高出力(ps)9.49.4変化なし
最高出力回転数(rpm)67507000新型のほうが低回転
タンク容量(L)5.65.6変化なし
ギア(速)5速4速新型は5速シフト
価格税込み(円)44万44万変化なし
ごっとん
ごっとん

新型エンジン搭載のモンキー125は排気量は1㏄ダウン。ただし、馬力は変わらず低回転で発生。燃費も良くなり値段はそのまま・・・・HONDAさん、凄すぎませんか!?

ごっとん
ごっとん

新型モンキー125も大ヒットの予感がします。

HONDAの125㏄クラスのバイク戦略はまだまだ続きますよ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました