ミドルツアラーは意外に希少!【Ninja650】のイケメン度が加速!

バイク関連

こんにちは、ごっとんです。

KawasakiからNinja650のカラーチェンジが発表されました。

ごっとん
ごっとん

2020年モデルでは見た目、装備ともに大きなマイナーチェンジを受けたNinja650。

2021年モデルはカラーチェンジが主になっています。

発売日は2021年2月1日(月)です。

Ninja650の公式サイトはこちら

Kawasaki【Ninja650】2020年モデルと2021年モデルの違い

主な変更点はカラーチェンジ。

2021年モデルの新カラーがこちら。

ライムグリーン×エボニー】Kawasakiお馴染みのカラー。アンダーカウル部分がホワイトに塗装され鮮やかな印象です。思ったより緑の部分は少ないんですね。

メタリックスパークブラック×メタリックインペリアルレッド】長ったらしい名前ですが要は赤×黒のツートンカラー。良い意味で「悪い顔」してます。カッコイイ!!

価格は据え置きです。やったぜ。

Ninja650の車両価格は90万2000円(税込み)です。この価格は2020年モデルから変わっていません。このミドルツアラーが100万を切る税込み90万円というのはコスパ高いですよ。

Kawasaki【Ninja650】2021年モデルの個人的感想

ごっとん
ごっとん

ミドルクラスは激戦区ですが名車揃いです。Ninja650はありそうでないスポーツルックスなツアラーなのでほしい方にはドンピシャですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました