原付二種の最速車、SUZUKI【GSX-S125ABS】【GSX-R125ABS】がカラーチェンジ!!

バイク関連

こんにちは、ごっとんです。

SUZUKIが原付二種の大ヒットモデル【GSX-S125ABS】と【GSX-R125ABS】のカラーチェンジを発表しました。

ごっとん
ごっとん

所謂、GSX125シリーズ、2車種の2021モデルの発表ですね。

SUZUKI【GSX-S125ABS】の公式サイトはこちら

SUZUKI【GSX-R125ABS】の公式サイトはこちら

SUZUKI【GSX-S125ABS】2020年モデルと2021年モデルの違い

メーカーから発表があるように主な違いはカラーチェンジになります。

トリトンブルーメタリック】上下ブルーとブラックで構成されています。イエローのワンポイントが光りますね。

タイタンブラック】人気のブラック。その中でも青いホイールがスポーツを演出しています。

スペックの変更は発表されていません。現行の原付二種で最高峰のスポーツバイクは健在です。

ただし、カラーチェンジ以外にも変更点はあります。

価格は少しだけアップ

今回のカラーチェンジから少し価格が上がっています。

GSX-S125(2020)32万8000円(税抜き)→GSX-S125(2021)34万8000円(税抜き)となっています。

前モデルより2万円の価格アップです。

発売日は2021年1月18日(月)です。

SUZUKI【GSX-R125ABS】2020年モデルと2021年モデルの違い

こちらも上記にある【GSX-S125ABS】と同じようにカラーチェンジが主な変更です。

トリトンブルーメタリック】SUZUKIを代表するカラー。SUZUKIファンなら見逃せない。

ストロンガーレッド/タイタンブラック】個人的に2021年モデルで一番好きなカラー。もっとも攻撃的でスポーティな配色。

タイタンブラック】安定のブラック。GSX-S125ABSはホイールがブルーだったのに対してこちらはレッドで仕上げてきましたね。

スペックはGSX-S125ABSと同様に変更点はありません。

やっぱり価格は2万円だけアップします。

2020年モデル35万8000円(税抜き)→2021年モデル37万8000円(税抜き)

こちらも同じく2万円の価格アップですねー。

発売日は2021年1月18日(月)です。

2021年モデルSUZUKI【GSX-S125ABS】【GSX-R125ABS】変更3点まとめ

  1. 車両スペックに変更点はなし
  2. カラーチェンジが行われる
  3. 車両価格は2万アップ

上記3点が今回の主な変更点です。

今回の変更点の個人的な感想

ごっとん
ごっとん

車両価格については今までが安すぎました。2万円アップは仕方ないと思います。ただ店によってはまだ2020年モデルが在庫として残っているかもしれないので2万円の差とは言え、そちらを狙ってみるのも良いかもしれませんね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ACTIVE SUZUKI GSX-R125/S125 フェンダーレスキット(1155041)
価格:13420円(税込、送料無料) (2021/1/13時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【在庫あり】GIVI ジビ タンクロック[ST605] GSX-R125 ジクサーSF 250
価格:19820円(税込、送料別) (2021/1/13時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました