2020年CBR250RRが値上がり!?ライバルはZX25Rじゃないの?

バイク関連

こんにちは!gotton(ごっとん)です。

最近はZX-25Rに始まり250㏄クラスの話題が盛り上がっていますよね。

その話題の中心にはいつもZX-25RとともにホンダのCBR250RRがいます。

今日はそのCBR250RRの新型について噂になっていること取り上げていこうと思います。

  • 新型CBR250RRが値上がりする
  • 新型CBR250RRの装備が変わる
  • 新型CBR250RRのパワーがあがるのか?

上記について語っていきます。

新型CBR250RRが値上がりする

なんと2020年モデルの新型は約25000円ほどの値上がりをするようです。

2017年に新登場した現CBR250RR。

発売当時の価格は75万円前後で250㏄クラスのバイクとしてはかなり高価でした。

それでもホンダが作る250㏄の本格スポーツバイクとして需要は高く、CBR250RRの発表3日後には受注が 3,714台に達するほどでした。

その後も大ヒットモデルとなり、2019年モデルはおよそ80万前後の価格になっています。

そのバイクがさらに値上げで2020年モデルは税込み85万前後になる見込みです。

なぜ値上がりするのか。それには次の理由もありそうです。

新型CBR250RRの装備が変わる

まだ正式に発表はされていませんがどうやら アシスト&スリッパークラッチ が採用されるのではないかと話題になっています。

アシスト&スリッパークラッチ とは急激な減速時に リアタイアのロックなどを防いでくれる安全システムのことです。

パワーが大きいビッグバイクには付いている機能ですが最近では中、小排気量のバイクにも装備されるようになってきました。

実はすでに発売されている現行ninja250にはこの装備が備わっています。

同クラスのライバルに負けないためだけではなくバイクに乗るライダーの安全のためにもこの装備を付けるということなら多少の値上がりも納得ですね。

安全装備は排気量に関わらずあったほうがライダーにはうれしいですから。

新型CBR250RRのパワーがあがる?

そんな安全のための装備だけでなくさらに上位のスポーツバイクとしてエンジンパワーが上がるのではないかと言われています。

すでにCBR250RRは 38ps/12500rpm というこのクラスでは最高峰のパワーを誇っています。

流石にここから大幅にパワーが上がるというのは考えにくいですがZX-25Rに対抗するためにも驚くようなパワーアップがあるかもしれません。

新型CBR250RRはCBR400Rのライバルとなる?

最後に個人的な意見ですがこの新型CBR250RRのライバルとなる相手は本当にKawasakiのZX-25Rでしょうか?

ZX-25Rは現代に蘇る250㏄の四気筒エンジンのバイク。対してCBR250RRは二気筒エンジンのバイクです。

互いに比較はされるでしょうが、この2台にライダーが求めるものは別物である気がします。

実はホンダにはCBR250RRと同じ二気筒エンジンを持つ400㏄のバイクCBR400Rというバイクがあります。

CBR400Rは 46ps/9,000rpmというパワーのバイクですが上記にもあるようにCBR250RRはすでに38psというパワーを持っています。

単純にパワーだけで比較するなら現在その差8psです。

今後CBR250RRがもし噂通りパワーアップとなればこの2台のパワー差は更に縮まることに。

もちろん排気量が違うのでトルクや回転数など単純なパワーの比較というわけにはいきませんが、同じホンダが持つこの2台の関係も気になるところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました