HONDA【REBEL1100】(レブル1100)の価格、スペックを解説!!日本での発売はあるのか!?徹底予想だ!!

バイク関連

こんにちは、ごっとんです。

HONDAは海外で完全新モデルとしてHONDA【REBEL1100】を発表しました。

欧州ではHONDA 【CMX1100 REBEL】の名前で販売されているようです。

ん~良いとは思うんだけど、最近のバイクは高いからなぁ~

新車価格200万越えとかになるんじゃないの?

1100㏄のクルーザー?

どうせデカくて重いんでしょ?倒しそうで・・・・怖いよ。

こういった疑問に答えていきます。

ごっとん
ごっとん

このブログでは【REBEL1100】のスペックや価格を今出ている情報で解説していきます。

よろしくお願いします。

重い?→重くない!デカい?→デカくない!!使いやすいぞ!スペック紹介

今発表されているHONDA REBEL1100の簡単なスペックを見ていきます。

スペックの内容はこちらを参考にしています。

排気量  1084㏄

全長×全幅×全高 2240㎜×853㎜×1115㎜

馬力  87ps/7000rpm

トルク 98Nm/4750rpm

シート高 700㎜

車両重量 223㎏

兄弟車となるHONDA【REBEL500】のサイズと比べてみましょう。

全長×全幅×全高 2205㎜×820㎜×1090㎜

馬力  46ps/8500rpm

トルク 43/6500rpm

シート高 690㎜

車両重量 190㎏

排気量は倍近くあってもサイズ的にはあまり違いがありません。

車両重量が30㎏ほど重くなっていますがリッター越えのクルーザーとして223㎏は決して重い車両ではないです。シート高も低く、低重心になっているので転倒のリスクも低いでしょう。

快適性を備えた装備、一覧!!

LEDヘッドライト

当然ウインカーやテールランプもLEDです。

丸目一眼メーターの中にスピードやタコメーターなど必要な情報は全て入っています。

隣にはエンジン警告灯ランプなども表示されていますね。

クルーズコントロール

なんとクルーズコントロールは標準装備です。

長距離を移動する高速道路ではかかせない機能ですね。

USBタイプC

最近では4輪ではUSBの差し込み口が用意されていない車なんてほぼありません。

ただ2輪ではUSBが装備されていない車両がまだまだあります。

その中でHONDA【REBEL1100】はちゃんと標準装備されています。

しかもタイプCです。

ここは排気量関係なく他の車両も見習ってほしいですね。すばらしいです。

HONDA【REBEL1100】はDCTも選べる!!オートマのクルーザーは快適性バツグン!!

REBEL1100(6MT)の他にREBEL1100(DCT)も用意されています。

もともとクルーザーモデルはゆったりと乗るの好まれますし、クラッチ操作がなくても状況に合わせて4モード用意されています。

DCTでもスポーツ走行!!4モードあり!

スタンダード、レイン、スポーツ、そしてユーザーモードの4つ。

特にユーザーにとってうれしいのはレインモードじゃないでしょうか?

DCTでも天候や気分に合わせて走り方を自在に変える事ができますね。

日本での発売は!?価格はいくら?

HONDA【REBEL250】が大ヒットを飛ばしている中でこのHONDA【REBEL1100】の国内販売はほぼ確実だと思われます。

価格はREBEL1100 の北米の販売価格が9299ドル(約97万円)6速MT、9999ドル(約104万円)DCTとなっているので日本では100万~120万の間ってところでしょうか?

HONDA【REBEL1100】がもしこの価格帯で発売されればハーレーキラーとなる一台になり得ると思います。

楽しみですね。

2020年12月18日に情報が追加されました。

HONDA Rebel(レブル)1100発売日発表!!ハーレーを圧倒する!?価格はたったの○○円だ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました