SUZUKI 新型「隼」HAYABUSAを発表!!そのスペックは如何に!?

バイク関連

こんにちは、ごっとんです。

SUZUKIが欧州で新型HAYABUSA(ハヤブサ)を発表しました。

ごっとん
ごっとん

先代ハヤブサは排ガス規制などで2016年式を最後に国内取り扱いがなくなっていました。今回はEURO5適合モデルとして発表です!!

SUZUKIハヤブサ復活ずっと待ってた!!デザインもカッコ良い!

いつ販売!?価格は?今すぐ、予約したいよ!!

車体に「隼」って漢字が書いてあるけど、何あれ?すごいバイクなの?

こういった疑問に答えていきます。

このブログでは

  • 新型ハヤブサのスペック
  • 新型ハヤブサの値段、発売日の予想
  • 新型ハヤブサの開発秘話!?

などを解説していきます。

新型ハヤブサのスペック!!旧型(2代目)との比較。

(旧型)2代目→新型ハヤブサ(3代目)

エンジン 並列水冷1340㏄→並列水冷1340㏄

全長、全幅、全高(㎜)2190×735×1165→2180×735×1165

シート高(㎜) 805→800

車両重量(㎏) 266→264

馬力(ps) 197→190

最大トルク 155(N・m)/最大トルク回転数7200(rpm)→

タンク容量 21L→20L

ごっとん
ごっとん

数字上は少しコンパクトになっていますが、ほぼ2代目ハヤブサと車格は変わりません。最高出力は少し下がっていますが、その分低速の扱いやすさが上がっています。

ごっとん
ごっとん

気づいている人もいるかもしれませんが実は2代目ハヤブサとフレームが共有なんです。それだけハヤブサはすでに完成されたバイクなんですね。

スペックは現状維持、ただし電子制御はマシマシ!!

新型ハヤブサは13年ぶりのフルモデルチェンジとなります。ハヤブサはかつて市販車最速を誇り【アルティメットスポーツ】を体現した名車です。今回のフルモデルチェンジを受けて電子制御システム【S.I.R.S】(スズキインテリジェントライドシステム)を備え電子制御でも現代の【究極】に挑戦しています。

主な電子制御

  • ライディングモード
  • クルーズコントロール
  • クイックシフター
  • トラクションコントロール
  • ローRPMアシスト
  • エンジンブレーキコントロールシステム
  • アクティブスピードリミッター

この中で特に面白いのは【アクティブスピードリミッター】です。これは任意にスピートリミッターを設定することが出来るもので市販車の二輪バイクには初めて採用です。

その他、あの5連メーターやウインカー細部まで現代仕様に仕上がっています。

新型ハヤブサの値段、発売日の予想

新型ハヤブサが世界で発表され各国で価格が発表されているところがあります。

そこから国内の販売価格を考察していきましょう。

北米:1万8599ドル→約195万円(1$/105円)

イギリス:1万6499ポンド→約238万円(1£/144円)

ユーロ圏:1万9390ユーロ→約246万円(1€/127円)

こうしてみると各国でも値段にバラつきがありますね。国内価格は個人的にイギリスの238万が一番近い数字になるんじゃないかなと予想します。正直、このフル装備した現代バイクで200万を切る事も難しい上にライバルに当たるKawasaki 【H2SX SE】の価格が税込み244万なのでその価格を超えることはないだろうと思うからです。

はたして国内価格はいくらになるんでしょうか!?

発売日は割とすぐ!?

海外には2月末ごろから順次販売とありますが日本ではまだ発表されていません。

海外からは少し遅れるかもしれませんが4月~5月あたりに発売されれば良いなと思います。

国内発表が待ち遠しいですね!!

新型ハヤブサの開発秘話!?

上記の動画は日本語なので気になる方はぜひ見てみてください。

動画内では開発秘話として6気筒エンジンやターボを搭載したハヤブサのプロトタイプが存在したそうです。

デザイン、パワー、乗りやすさなどそれぞれの立場から語られ、ここまでたどり着くのに紆余曲折があり、どれだけ大変だったかを想像させれらます。

ごっとん
ごっとん

個人的に感銘を受けたのは耐久性が強く語られていることですね!!やはり、商品である限りデザインやパワーに見合う耐久性は信用の証です。それだけSUZUKIは新型ハヤブサに自信があるんでしょうね。楽しみです!!

動画33秒当たりから初代、2代目、新型ハヤブサ3台が並び走る姿は圧巻です!!

海外では新型ハヤブサの簡単なウォークアラウンド動画が上がっています。奥に見えるのはこれから世界へ輸送される新型ハヤブサの在庫でしょうか?ワクワクが抑えきれませんね!!

国内の正式発表も近く行われるはずです。見逃さないようにしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました